会社情報

代表あいさつ

代表取締役 武蔵国弘

医療の進歩と共に、人類以外の種(細菌やウィルス)との闘いは、
ほぼ治療法が確立されました。
医療の次なる治療対象は、癌や難治性の変性疾患といった、
人間自身が自分の意図と反して産みだす疾患へと変わりました。

私は眼科医として、日々難病を抱えた患者さんと接しております。
治療法が無い病気を抱える患者さんの気持ちに何とか答えたい、と考えている中、
京都大学医学部眼科学の吉村長久前教授の導きがあり、
京都創薬研究所の代表取締役を任される事になりました。

京都創薬研究所は、KUS剤(Kyoto University Substances)の開発を担います。
KUS剤は、京都大学医学部生命科学研究科の垣塚彰教授が産みの親。
京都大学医学部付属病院 臨床研究総合センターの池田華子准教授が育ての親です。
KUS剤は、ATPの消費を抑えてATPを有効活用し細胞死を抑制する、
という、従来に無い全く新しい薬理作用を持つ化合物です。
動物実験において、網膜色素変性症や緑内障といった慢性的な変性疾患に対し、
強い細胞保護効果を発揮する事が確認されています。
この有望な化合物の開発を引き継ぎ、
難病患者に届けられるよう次のステージに繋げるのが、京都創薬研究所の使命です。
薬理作用から考えると、眼科以外の領域の難治性変性疾患にも効能が期待できます。

私達、京都創薬研究所のメンバーは、

難治性疾患の治療薬を開発して世の中に提供する、という強い情熱を持って、
研究開発を担う製薬メーカーとしての社会的責任を常に念頭に置き、
社会に対して、アカデミアに対して、医療界に対しての感謝の念を持って

真摯に研究開発に取り組みます。

現在、難病を抱える患者さんのみならず、
将来の患者さんへの福音となりますよう、願いつつ研究開発に取り組みます。

代表取締役 武蔵国弘

事業コンセプト

我々は、京都大学の研究シーズを元に、難治性疾患の革新的な治療薬を真摯に開発し、
現在および将来の難病患者に喜びを届ける。
京都大学眼科学教室・生命科学研究科を中心に創業。
大学発ベンチャーとして、京都大学とのパートナーシップを重視し、事業を推進させる。

会社概要

社 名 株式会社 京都創薬研究所
(英文表記:Kyoto Drug Discovery & Development Co., Ltd.)
本 社 京都市 左京区 吉田本町 36番地1
国立大学法人京都大学 国際科学イノベーション棟
ラ ボ 京都市 左京区 吉田本町 下阿達町46-29
国立大学法人京都大学 医薬系総合研究棟416号室
大阪事務所 大阪市 浪速区 難波中 2丁目10番70号 なんばパークスタワー 1944号室
社 長 代表取締役 武蔵 国弘
事業内容 医薬品、診断薬、再生医療等製品、医療機器、医療器具、
試薬、研究用消耗品等の研究開発等
設 立 2015年5月15日
決算月 4月
資本金 1.614億円(2018年2月28日現在)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 東寺支店、三井住友銀行 京都支店

沿革

2018年02月28日

ベンチャーキャピタル2社から1.428億円の出資を受ける

2017年08月01日

ラボを国立大学法人京都大学内に新設

2016年07月27日

本社を国立大学法人京都大学内に移転

2016年06月30日

ベンチャーキャピタル5社から4.3億円の出資を受ける

2016年06月17日

資本金が1.4億円に(資本準備金含む)

2016年03月30日

国立大学法人京都大学と特許実施権許諾契約締結

2015年05月15日

設立(資本金2,100万円)

京都創薬研究所メンバー

代表取締役 CEO 最高管理責任者 武蔵 国弘
取締役 研究推進部長 久納 紀之
取締役 CMC企画部長 岡本 征己
取締役 事業開発部長 武藤  栄
  臨床開発部長 平田 文樹
  CMC企画部・研究推進部 研究員 山本 由季子
  研究推進部 研究員 河野 雅之
取締役(社外) 京都大学イノベーションキャピタル株式会社 八木 信宏
監査役(社外) 津田和義公認会計士・税理士事務所 津田 和義
医学顧問 京都大学大学院医学研究科 特命教授
(前眼科学教授)
吉村 長久
医学顧問 京都大学 網膜神経保護治療プロジェクト
准教授
池田 華子

京都創薬研究所実務メンバー

代表取締役 社長武蔵 国弘
取締役 研究推進部長久納 紀之
取締役 CMC企画部長岡本 征己
取締役 事業開発部長武藤 栄
臨床開発部長平田 文樹
CMC企画部・研究推進部 研究員山本 由季子

kus剤について

KUS 剤(Kyoto University Substances)は、細胞内 ATP を消費する蛋白質(ATPase)の一つである VCP の ATP 消費を抑えて
細胞の変性・死滅を予防・抑制するという新規薬理作用を持ちます。
動物実験において、網膜神経節細胞・視神経線維に保護的に作用し、緑内障の進行を抑制する効果があることが確認されました。
緑内障は世界の視覚障害要因第 1 位の原因疾患で、現在は眼圧を下げる薬物療法と手術が唯一の治療法ですが、
新しいメカニズムで薬効が期待できる KUS 剤は、アンメット・メディカルニーズを解決する新規治療薬として、
さらには他の網膜疾患や眼科以外の様々な変性疾患などへの応用が期待できます。 ≪競争的資金等の適正管理に関する規定≫